着物クリーニング研究所

店主プロフィール

店主写真
  • ・着物にシミがでている
  • ・寸法があわない

など…

  • ・着物は着たいけど、どうすれば良いのか分からない
  • ・誰に相談すれば良いのか分からない

ので、とりあえず着物をタンスにしまったままにしていませんか?

できれば、着物クリーニングの専門店や着物の染み抜き・仕立てなど幅広く相談にのってくれる悉皆店で気軽に相談できれば良いのですが、残念ながら身近にそのようなお店を探すことは難しいのではないでしょうか。

だからと言って、
敷居が高いと感じる呉服店に着物のクリーニングだけ相談に行くことも気がひけますし、高価な着物を一般のクリーニング店に出すのも躊躇します。インターネットで『着物クリーニング』と検索すれば、着物を専門にクリーニングしているお店がたくさんヒットしますが、そのほとんどはご自身で着物を梱包して郵送しなければなりません。面識もなくインターネットだけの情報で高価な着物を郵送するのは、少し勇気がいります。

「そんなお悩みをスッキリ解決させていただきたい!」

そんな想いで、
そして、より皆様にとって身近な信頼できる着物の悉皆店として、 着物の染み抜きや仕立てなど専門の悉皆店で修業し、『着物クリーニング研究所』として独立させていただきました。
着物クリーニング研究所では、着物のお手入れについてより良い方法や、シミや変色をはじめとした着物のトラブルの原因・解決方法を日々研究しております。

あるお客様のところへお伺いさせていただいた時の話です。
不幸にもお母様がお亡くなりになり、着物好きだったお母様の着物をご相談者様が受け継いだのですが、お母様の身長が150cmで、ご相談者様の身長が160㎝と10㎝違っていました。ご相談者様からすると、10㎝も違ったら、折角の着物も着ることができないと考えていました。
しかし、お母様の着物を拝見すると、身長150㎝に合わせて裁つことはしておらず、内揚げがしっかり付けられていました。
おはしょりをしたお腹あたりに幾重にも重なる布は、もごもごして着にくかったと思いますが、お母様は将来のことも考えて仕立てていらっしゃいました。
ご相談者様に、
「お母様は着物を受け継いでくれる方のことも考えて着物を仕立てられていました。160㎝の身長の方に合わせて仕立て直すことができると思いますよ」
とお伝えすると、すごく喜ばれました。これは私の説明に喜んだ訳ではなく、お母様に対する感謝の喜びでした。そのお気持ちは、きっとお母様にも届いたことでしょう。

  • ・譲り受けた着物と自分の寸法が多少違っていても仕立て直せば着ることができるかもしれません。
  • ・生地が傷んでいれば見えない部分の生地と入れ替えることで仕立て直すこともできるかもしれません。
  • ・20年前や30年前の黄変した古いシミも修復できるかもしれません。

着物のお手入れに関しましては、着物の生地の状態や着用頻度で適切な方法は変わってきます。
皆様のご要望に少しでもお答えできるよう、着物クリーニング研究所では、染み抜き職人・仕立て職人など各職人と密に連携をとり、着物に対するお悩みを解決させていただきたく、日夜努力しております。
また、メールの返信は24時間以内に返信させていただく体制を整えるなど、急なご相談にも可能な限り対応させていただいております。

日本人として生まれながら先人たちが親シミ育んできた着物を十分に着ないで終わるのは実にもったいない話だと思います。
リサイクル・エコ・節約が言われている昨今、新しい着物を誂えるのも良いですが、その方々の想いも引き継ぐということで、大変すばらしいことだと思います。

着物は幾多の人々の肌を温め守り続け、いつの時代も我々の生活の中に溶け込み陰で支えてきてくれました。着物は、着る物と書きます。一枚の布で作られた着物は、立体的な西洋の服と違い平面的で何も語ってはくれませんが、人が着ると存在感が増してきます。

皆様がお持ちの着物はこれからも多くの人との出会いを求めています。
その大切な着物を後世に受け継いでいってもらえるお手伝いができれば我々の幸せでもあります。

お申し込みフォームはこちら(24時間受付)

お電話でのお問い合わせは
フリーダイヤル 0120-001-193
通話料無料 携帯電話OK
毎日受付10:00~18:00