着物クリーニング研究所

料金表(着物 振袖 クリーニング・染み抜き・仕立て・無酸素パック)

丸洗い

店主写真

昔は着物を洗うといえば「洗い張り」でした。
着物をいったん解いてつなぎあわし(端縫い)反物の状態にします。
それを水洗い後、ピンと張りながら糊付けを行います。
水洗いするたびに生き返ったように光沢を取り戻すのが絹の特徴です。
しかし、洗い張りをすると仕立てが必要になってきますので、
時間も費用もかかります。

そこで時代の変化と技術の進歩により「丸洗い」という洗い方が
普及してきました。

丸洗い・京洗い・生洗いなど呼び方は様々ですが、基本的に同じ洗い方で、
着物を解かず、水を一切使用しないで揮発性のある石油系の溶剤で洗います。

丸洗いの最大の特徴は、油性の汚れに強く、着物全体についた埃・チリ・手垢・皮脂・ファンデーション・排気ガスなどの汚れに効果的です。
着物クリーニング研究所では、丸洗いの際には、まず、汚れやすい衿・袖口・裾回りの下洗いを行っています。
衿には、知らず知らずのうちに皮脂やファンデーションがついてしまいます。
特に留袖や喪服を着用された時は、お辞儀されることが多いせいか、頻繁に衿が汚れます。
また、袖口は、どうしても腕が重なるので擦れるので皮脂が付きますし、
裾回りは、外を歩くと砂埃などが付きます。車の乗り降りの際にも擦れて汚れてしまう事があります。
そのような汚れのポイントをプロの目で一つ一つ確かめながら部分的に下洗いを行います。

丸洗いは、油性の汚れには強いですが、汗や雨などで濡れた水シミなど水溶性のシミ(汚れ)は落ちにくいため、丸洗いは最適なメンテナンス方法とは言えません。
埃・チリ・手垢・皮脂・ファンデーションも汗や水シミも着物を脱いだ後、ぱっと見ただけでは分かりにくいものです。
知識が乏しいお店では、ぱっと見て分からない汚れの場合、丸洗いを勧めるかもしれません。
丸洗いをすると着物がちゃんとプレスされて返ってくるので、見た目は綺麗になった気がしますが、 その見えにくかった汚れが、時間の経過とともに、薄らと黄色く変色してくることがあります。

いざ着物を着ようと思ったときに薄ら黄色く変色しているシミに出会わないため、その予防のためにも、着物を着用後には、最適なメンテナンスが必要です。

着物クリーニング研究所では、その最適なメンテナンス法の提案に力を注いでいます。
単に丸洗いだけで良いのか、汗抜きや染み抜きが必要なのかなど、メンテナンスを希望される着物一枚一枚について、着用回数や保管状態などヒアリングさせていただき、最適なメンテナンス方法をご提案させていただくようにしています。

丸洗いの料金

小紋・紬8,800円
色無地8,800円
訪問着9,900円
付下9,900円
振袖13,200円
留袖比翼地13,200円
袋帯5,500円
名古屋帯5,500円
半幅帯3,850円
兵児帯3,8500円
長襦袢5,500円
振袖長襦袢6,600円
二部式襦袢5,500円
道行コート8,800円
道中着8,800円
雨コート8,800円
羽織8,800円
浴衣5,500円
絞り浴衣7,700円
三つ身祝着9,900円
三つ身襦袢5,500円
被布6,600円
四つ身祝着9,900円
四つ身襦袢5,500円
お宮参り用祝着9,900円
7,700円
帯あげ1,650円
帯じめ1,100円
重ね衿1,100円
半衿1,100円
腰ひも550円
足袋1,100円

染み抜き

店主写真

○新しいシミの染み抜き

シミには、泥はね、血液のシミや尿のシミなど、シミの種類、生地の種類、染料の種類などを考慮し、染み抜きを行う必要があります。
このような染み抜きをするためには、長年の経験から培ってきた経験と技術が必要になってきます。

ついたばかりの水性のシミは、比較的簡単に取れますが最低限の技術は必要になってきますので、着物にシミが付いてしまった時は、速やかに染み抜き専門の着物クリーニング店に出すことをお勧めします。

○古いシミの染み抜き

「染み抜きできます!」
と看板をあげているクリーニング店でも、黄変のシミ(シミの成分が時間の経過によって酸化し変色した状態)は、断っているという話をよく耳にします。
特に一般のクリーニング店などで、着物の染み抜き屋さんの取り次ぎをされているところは、いったんお客様から着物を預り、着物専門の染み抜き屋さんに依頼して返答待ちになることも多く、挙句の果て、染み抜きを断るケースもあります。
実際、我々のところに依頼されたお客様の中にも他店で断られた方が何人もおられます。

黄変したシミを修復しようと思うと、染み抜きの技術だけでなく、色をさす技術(染色補正)なども必要になってきますので、確かに、どこのお店でも誰でも簡単にできるというものではありません。
このような黄変したシミの着物は、たいてい何年も経っていることが多く、無理に修復をしようとすると、生地を傷めてしまうこともあります。
絞りの着物をはじめ、着物には様々な染め方や織り方など伝統的な技法が使われています。
その特徴を壊さないよう染み抜きや色補正を行っていくことは、まさにプロの仕事になります。

黄変したシミを修復することは、簡単ではありませんし、時間も費用もかかりますが、大切な着物をこれからも末永く着ていただけるために、我々は最善を尽くします。

時間が経って変色したシミ(黄変したシミ)は、時間をかけながら修復していく必要がありますので、着物クリーニング研究所では、1ヶ月以上、長い時には1年近くお時間をいただき、じっくりと時間をかけて染み抜きをさせていただいております。
着物を大事に丁寧な作業を心掛けているため、急ぎの染み抜きには対応しておりません。
ご了承ください。

染み抜きの料金

普通の衿汚れ3,300円~
普通の袖口汚れ3,300円~
変色している衿汚れ16,500円~
変色している袖口汚れ16,500円~

汗抜き洗い、汗抜き併用丸洗い

店主写真

○汗抜き洗い

丸洗いのところでもお伝えしましたが、汗は丸洗いだけでは完全に落ちません。
汗が残ったまま保管していると、時間の経過とともに、 汗をよくかく脇の部分や帯で締めつけられている背中の部分あたりに黄色く(茶色く)輪シミができてくることがよくあります。
そのようなシミになると職人の手で一箇所一箇所染み抜きが必要になり、 その変色したシミを修復するためには、時間も費用もかかります。

やはり着用後にしっかりと予防することが大切になります。

多くの方は、着物を脱いだあと、風通しのよい場所で着物や長襦袢を干されると思います。
絹はもとに戻る性質があり、汗が残っていなければ、表地も胴裏のきれいに自然に戻りますが、 汗が残っていると、着物の表地や胴裏のシワが取れない場合があります。
すぐに黄色く(茶色く)変色しないので分かりにくいですが、 そのシワ部分に汗が残っている可能性が高いので、そのような場合は速やかに汗抜き洗いをしていただきたいです。

○汗抜き併用丸洗い

汗抜きと丸洗いがセットになっています。
汗抜きをした後、衿・袖口・裾回りなどの下洗いを行い、 着物全体についた埃・チリ・手垢・皮脂・ファンデーション・排気ガスなどの油性の汚れに強い丸洗いを行います。
当分(2、3年)着用の予定がなさそうな着物は、シミを防ぐためにも汗抜き併用丸洗いをお勧めします。

汗抜き洗い、汗抜き併用丸洗いの料金

汗抜き洗い料金汗抜き併用丸洗い料金
袷着物9,900円16,500円
単衣着物8,800円15,400円
長襦袢6,600円9,900円
振袖13,200円22,000円
振袖長襦袢7,700円12,100円
留袖比翼付13,200円22,000円
(汗抜き丸洗いのみ)11,000円
7,700円15,400円

カビ取り丸洗い

店主写真

喪服や留袖を着ようと思ったら、白いポツポツしたカビが出ていたので何とかしたいというご相談はよくあります。
また、残念なことに着物全体にカビが出ていたから、あきらめて処分したという話も聞きます。
カビの進行状態にもよりますが。比較的早期に発見できたカビであれば、カビ取り丸洗いや洗い張りで綺麗になります。
しかし、カビによる変色が進んでいる場合は、一箇所一箇所染み抜きや地直しなどの作業が必要になってきますので、 カビ予防のためにも、定期的に虫干しされることをお勧めします。

カビ取り丸洗いの料金

小紋・紬17,600円
色無地17,600円
訪問着18,700円
付下18,700円
振袖24,200円
留袖比翼付26,400円
袋帯14,300円
名古屋帯14,300円
半幅帯14,300円
兵児帯11,550円
長襦袢14,300円
振袖長襦袢15,400円
道行コート17,600円
道中着17,600円
雨コート17,600円
羽織17,600円
浴衣14,300円
絞り浴衣16,500円
三つ身祝着18,700円
三つ身襦袢14,300円
被布15,400円
四つ身祝着18,700円
四つ身襦袢14,300円
お宮参り用祝着18,700円
14,300円

仕立て

店主写真

当店の仕立ては20年以上経験のある仕立て職人によるものです。
経験豊富な職人に仕立てを依頼するということは、実はメリットとデメリットがあります。
メリットは、「仕立てがきれい。着やすい」ということ。
お客様が最も望まれていることだと思います。
逆にデメリットは「時間がかかる」ことと「料金が高め」ということ。
高い技術があると当然依頼数も多いため、待ち時間が生じ急ぎの対応が出来ないこともよくあります。

仕立ての料金

小紋袷36,300円
紬袷36,300円
大島紬袷45,100円
色無地袷38,500円
紋付無地袷39,600円
付下袷41,80円
訪問着袷45,100円
振袖袷49,500円
留袖比翼付55,000円
長襦袢27,500円
振袖長襦袢29,700円
男物長着袷36,300円
男物長羽織袷36,300円
男物大島袷44,000円
男物大島羽織袷44,000円
男物長襦袢27,500円
袴 行灯44,200円
  馬乗り46,200円
袋帯16,500円
名古屋帯(八寸)16,500円
名古屋帯(九寸)16,500円
道行コート36,300円
道中着36,300円
雨コート36,300円
二部式コート52,800円
紗あわせ49,500円
紗訪問着44,000円
七歳祝着49,500円
5歳紋付羽織41,800円
5歳紋付着物46,200円
三歳祝着46,200円
被布41,800円
子供襦袢22,000円
■裏地・付属品の料金
胴裏15,400円~
振袖用胴裏25,300円
比翼地25,300円
正絹半衿(白)3,300~円
絽正絹半衿(白)3,300円
帯芯(袋帯用)4,950円
帯芯(名古屋帯用)4,950円
絹芯13,200円
衿裏3,850円
居敷当4,950円
三河衿芯550円

洗い張り

店主写真

洗い張りをするメリットは明確です。
ひとつはキレイになること。
水の中を通してブラッシングしますので、汚れは落としやすいのです。
もうひとつは「光沢」「風合い」がある程度蘇ることです。
絹という素材は素晴らしく、水を通すことで組成効果が得られるのです。
他の繊維に比べて水分量が大変多いためにその効果が目に見えても分かりやすいのです。
長年着用したり、もしくはしまいっぱなしだった着物で少し色がくすんで見えたら洗い張りの時期だと思ってください。

ただ、洗い張りは一度全部解いて反物の状態での作業になりますので、元の状態に戻すには「仕立て」が必要になってきます。
それだけ手間をかけても洗い張りの効果は大きいのでお勧めをするのは当店だけではないと思います。
一度お試しになってください。

洗い張りの料金

着物表地9,900円
胴裏(裏地)5,280円
八掛(裏地)5,280円
留袖表地15,400円
比翼地6,600円
振袖表地15,400円
振袖胴裏(裏地)6,600円
襦袢地8,800円
振袖襦袢地9,900円
帯表地8,800円
帯裏地7,150円
解き代(袷)3,300円
解き代(単衣)2,750円
解き代(留袖・振袖)4,400円

部分直し

店主写真

最近よくあるケースは、お母様から譲り受けた着物の寸法が自分とは合わないということ。
または、実際に着てみると着づらいという悩み。そんな時に必要なのが寸法直しです。
「裄だけ直せばきれいに着られる」
「身幅の狭さが気になる」
というようなものは、その部分だけ直せば解決することが多く、その場合全部を解いて仕立て直す必要はありません。
「どこを直していいか分からない」という方はまずご相談ください。

部分直しの料金

■裄直し
のばす作業短くする作業
袷着物15,500円12,100円
単衣着物13,200円9,900円
長襦袢12,100円8,800円
振袖長襦袢14,300円11,000円
振袖16,500円13,200円
留袖18,700円15,500円
コート15,500円12,100円
■袖丈直し
のばす作業短くする作業
袷着物14,300円11,000円
単衣着物13,200円9,900円
長襦袢13,200円9,900円
振袖長襦袢15,500円12,100円
振袖17,600円14,300円
留袖20,900円18,700円
コート14,300円11,000円
■身幅直し
袷着物31,900円
単衣着物29,700円
長襦袢16,500円
振袖31,900円
留袖41,800円
コート20,900円
■身丈直し
袷着物33,000円
単衣着物29,700円
長襦袢15,500円
振袖33,000円
留袖44,000円
コート19,800円
■胴裏取替え
袷着物22,000円
振袖30,800円
留袖41,800円
※胴裏生地代金
胴裏14,300円~
振袖胴裏24,200円

紋入れ

着物に紋を入れることを紋入れと言います。
着物に紋を入れることで格が上がり、用途や格式などにより様々な種類があります。
紋の数には、1つ・3つ・5つの種類があり、数が多いほど格が上がります。

紋入れの料金

縫い紋(一つ)14,300円~
抜き紋(一つ)16,500円
五ツ描き紋(女性・丸あり)13,750円~
縫い紋取り5,500円
紋型おこし代6,600円
背かがり5,500円

無酸素パック

2~3年以上着物を着ない場合の保存方法に有効です。
振袖や留袖など、着る機会が限られている着物を長期的に大切に保管する時に役立ちます。
虫干しなど定期的に着物に風を通す習慣が無くなってきたので、このような保管方法に注目が集まっています。
無酸素パックは、酸素は全部抜いて窒素のみを入れます(着物をタトウ紙に包み、タトウ紙ごとパックにします)。
酸素を抜いているため、酸化を防ぎ、カビや臭いから大切に着物を守ります。
密封しているので、虫食いの心配もありません。
着物の種類によりますが、1パックで2~3枚ほど入れておくことができます。

着用の為にパックを開封しても、無酸素パックサービスのご利用中は何度でも無料で再パックいたします。
着用後は、認定取次店のスタッフさんががパックと着物を回収し、無酸素化作業を施しご自宅までお届けいたします。
電話・メールにてご連絡ください。

無酸素パックの料金

無酸素化作業+専用パック貸出月々1,100円/1パック(3着まで入ります)
毎月カード引き落とし

※銀行口座からの引き落としも可能です。

※サービス期間の期限はございません。サービス終了を希望の場合は、電話・メールにてご連絡のうえ、パック本体を着払いにてご返送ください。

お申し込みフォームはこちら(24時間受付)

お電話でのお問い合わせは
フリーダイヤル 0120-001-193
通話料無料 携帯電話OK
毎日受付10:00~18:00