着物専門クリーニング師が運営

着物クリーニング研究所 東京・神奈川・千葉・埼玉・兵庫・大阪・福岡・佐賀・広島にお住いの方は無料で集荷いたします。ご郵送でのお預りは全国対応です。通話料無料 携帯電話OK お問い合わせフリーダイヤル 0120-001-193 営業時間:10:00~17:00(受付時間)

「タンスから出したらカビがびっしり」
「古着を買ったらカビのニオイが…」

娘の結婚式に着ようと黒留袖を出したらカビが生えていた

カビの状態に合わせてクリーニングメニューをご案内いたします。

白いカビ、カビのニオイを取る

カビ取り丸洗い

「カビ取り丸洗い」では、白くポツポツと付着しているカビを除去します。「丸洗い」ではカビは落ちません。
「白いカビを落としたら生地の変色が見つかった」という場合は、カビ取り丸洗いに加えて染み抜きをすることできれいになります。

▼黒留袖の白カビ

黒留袖の白カビ

洗い張り

シミは無いのに、どうも気になる着物特有の「カビ臭さ」。これが無くなったというお声を多くいただいているのが「洗い張り」です。
もともとカビ対策で行う洗いではないけれど、効果は抜群。
時間と料金は「カビ取り丸洗い」よりかかりますが、カビのニオイが消え、着物の生地も絹のなめらかさを取り戻します。

着物洗い張り

カビが原因でできた
シミをきれいにしたい
(変色・シミがあり、カビのニオイもある)

カビ取り丸洗い+染み抜き

「カビ取り丸洗い」でカビを除去し、変色を「染み抜き」できれいにすることができます。
カビのニオイがしてシミがある。もしくは、白いポツポツとしたカビの下や近くに生地の変色が見られる。
それはカビの状態が進んだことによるシミかもしれません。

▼黒留袖の柄部分。カビによる変色。

黒留袖の柄部分。カビによる変色。

どのメニューが適しているか、カビの状態の見分け方

白カビのみ、カビのニオイ
→ カビ取り丸洗い、洗い張り

まだカビの初期状態の可能性が高いです。
カビの除去をした後に変色が見つかった時にはご報告しております。

白カビ・カビのニオイ+生地の変色
→ カビ取り丸洗い+染み抜き

少しカビの状態が進んでいる可能性が高いです。
着物の生地のシミは「染み抜き」で直しますが、カビは「カビ取り丸洗い」で落とします。

そもそもシミやカビを一切出さないように着物を保管したい方はこちら「着物保管代行サービス」

着物メンテナンスのプロが、カビなど着物トラブルの起こらないよう保管・管理いたします。
またお預かりした品の生地(絹)の状態(水分含有量やツヤ)も定期的にチェックします。

カビ対策には「定期的な着物のチェック」や「虫干し」が最適です。しかし、そういった着物の管理はなかなか難しいもの。

「一度カビが出たタンスに、クリーニングした着物をしまい直すのは怖い」
「湿度が高くて、大事な着物にカビが出そう」

こういった悩みが解消できます。

専任のスタッフが毎日状況をチェックいたします。

専任のスタッフが毎日状況をチェックいたします。

着物のカビについてしりたい

カビの予防に特化した収納

タンスにしまっている場合は基本的に、下の段に行くにつれて湿度が高くなっていく傾向があります。なので、

  • 上の段…比翼、裏地の付いた着物。思い入れのある着物。帯芯のおある帯など。
  • 中段…袷。帯芯、裏地のある帯など。
  • 下段…夏物、薄物。襦袢。裏地の無い帯など。

また、除湿剤を敷いておくのもよいと思います。新聞を敷くのはおすすめできません。

着物をカビから守る収納方法

タンスが無い時は、プラスチックの衣装ケースに収納しても大丈夫。その際も除湿剤を敷いたりして、湿気をなるべく溜まらせないようにします。

着物収納はプラスチックの衣装ケースでも大丈夫

たとう紙は湿気を吸ってくれるのですが、洋紙は湿気を呼びこんでしまいます。
着物を買った時の化粧箱や薄紙などは外して収納しましょう。また、証書なども着物と別にしまうほうが湿気を呼びません。

独断と偏見 カビやすい着物

湿度の高いところに着物を放置すると、どの着物からカビていくのか?という実験をいたしました。
結果から言うと、カビやすかった着物TOP3は「喪服」「黒留袖」「大島紬」です。
同業者の誰に聞いても明確な答えはなく、先人からの言い伝えもないので立証することはできておりませんが…。あくまで実験に基づく独断と偏見です。

▼大島紬のカビによる変色。

大島紬のカビによる変色。

着物のカビに対してできる応急処置はある?

着物のカビは家では除去することはおすすめしておりません。
白カビができてしまった着物に対して家でできることは「陰干し」です。それから、乾いた柔らかいタオルで白カビをそっとぬぐいます。
ただ、

  • これはあくまで応急処置。カビそのものは着物の中に残っている可能性が高いです。
  • タオルでぬぐう力加減は難しいです。毛羽立ってしまうと、白くぼやけた感じになってしまいます。
  • シミができてしまった着物はこの方法では何も変わりません。

アルコール、エタノールでの除菌を考える方もいらっしゃいますが、こちらの方法はおすすめできません。
自宅でのカビ取りに挑戦して、生地が傷んだり変色したりして着物をお預けになる方も多いです。

▼カビではないけれど、食べ物のシミを自宅で落とそうとして水ジミになってしまった着物。

カビではないけれど、食べ物のシミを自宅で落とそうとして水ジミになってしまった着物

捨てる?洗う?迷っている方へ

「カビがひどい着物、タンスにしまっておきたくない…でもすぐに「捨てよう!」という気持ちにはなれない。」そんな気持ちになるのも当然と思います。

すごく価値のある着物かもしれない。
大事な家族が残してくれた形見だから。
この先着る機会がある着物かもしれない。

もし迷っていたら当店に、そういった気持ちも含めてご相談ください。
お客様の悩みを解決するのにピッタリの方法をご提案いたします。

捨てるかクリーニングするか迷う時は、「迷っています」という相談でも大丈夫

着物のカビについて相談する

お電話でご相談
フリーダイヤル 0120-001-193
通話料無料 携帯電話OK
毎日受付10:00~17:00

メールフォームでご相談

お電話でご相談

通話料無料 携帯電話OK 毎日受付10:00~17:00

メールフォームでご相談

お申し込みフォームはこちら(24時間受付)

お電話でのお問い合わせは
フリーダイヤル 0120-001-193
通話料無料 携帯電話OK
毎日受付10:00~17:00

お申し込みフォームはこちら(24時間受付)

お電話でのお問い合わせ

通話料無料 携帯電話OK 毎日受付10:00~17:00